onnsenyado01.jpg

2011年02月15日

【福島県の伝統建築・古民家の宿】 会津湯野上温泉・湯けむり民宿 会津野

P1000327.JPG


湯けむり民宿 会津野

温泉古民家旅館

明治初期の豪農の民家「曲がり家」を移築復元した民宿。
宿のお風呂はすべて天然温泉で源泉かけ流し。一人旅も温かく向かい入れてくれます。

宿泊料
一泊2食 8,650円から
インターネット環境:なし
駐車場:あり

住所:福島県南会津郡下郷町大字湯野上字寄上乙1346-1
電話:0241-68-2822

P1000321.JPG


IP120414AZ0000488000_0000_COBJ.jpg

2012年4月14日悲しい出来事が起こってしまいました。民宿「会津野」は全焼してしまい、現在は休業となっています。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか? ポチッと応援をお願いします。

posted by 太泉八雲 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 東北の老舗伝建宿

2011年02月02日

群馬草津温泉へ!新宿から1本・高速バス「上州ゆけむり号」2

JRbus-yukemuri_06.JPG


新型車両導入!
JRバス関東の新宿ー草津・路線高速バス「上州ゆけむり号」の車両が徐々に新型車両に入れ替わりつつあります。高速バスの花形、日野セレガかと思いましたが、よくよく考えると「いすゞ」つながりで新型ガーラですね。(基本的に同一ですが)

いや〜やっぱり新型はいいですね。

JRbus-yukemuri_07.JPG

特筆すべき、前2列(計6席)限定のGシート。(列車のグリーン席のGか?)一昔前の夜行バス並みのゆったりしたシートです。新型車両になってアコモデーションの変化がどうなるのか期待したのですが、基本的に配色もデザインも変わっていませんでした。もしかしたら旧車から載せ替えた?
開放的な最前列のシートは荷物用のフックの類が何も無く、軽い手荷物やコンビニ袋の置き場に困ったものでしたが、今度の新型ガーラはちゃんと、フックもドリンクホルダーも設置されていました。

JRbus-yukemuri_01.JPG

旧型車の2列目は視界の斜め前方に、太いピラーがあってパノラマビューを阻害していましたが、新型ガーラでは視界の後ろに移動して開放感が広がりました。旧型ガーラでは、いろいろ総合的に判断すると2列目でしたが、新型ガーラではどちらも捨てがたいです。

JRbus-yukemuri_02.JPG

新宿駅(新南口)ー草津温泉駅バスターミナル

普通席おとな3,200円(早割・2,500円) こども1,600円
Gシート 3,700円(早割・3,000円) 

※インターネット予約はさらに割引あり

JRbus-yukemuri_03.JPG

所用時間は約4時間です。交通渋滞の影響を受ける場合もありますが、上野発ー長野原草津口からバスを乗り継いでも、高崎線・湘南新宿ラインー吾妻線でバスを乗り継ぐよりも早くて安いです。上里SAで休憩した後、関越自動車道・渋川伊香保ICから一般道に下りて、渋川駅に寄ったあとは、吾妻線にほとんど併走して(初めは吾妻側の対岸を走りますが)、各駅停車の路線バスを兼ねています。

・電話予約はJRバス関東・高速バスコールセンター
               (年中無休10:00〜18:00)
03-3844-0496
・JR各駅の「みどりの窓口」でも買えます。(いずれも割引はありません)

JRbus-yukemuri_04.JPG


JRバス関東「上州ゆめぐり号」の予約はこちら


※JRバス・高速ねっとへの登録が必要です。(ネット予約のみ)



草津温泉へ行こう・宿をさがす


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。
posted by 太泉八雲 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 高速バス

2011年01月30日

草津温泉の食【居酒屋編】

kusatsuyubatake04.JPG

草津温泉で新しい居酒屋を発見しました。

genji_01.jpg

居酒屋「源氏」

ここもちょっと人通りの少ない場所にあります。
湯畑から東へ徒歩2分ほど、大阪屋旅館の裏手、北群馬信用金庫を見下ろす坂の上にあります。前回紹介した「真すし」の向かい側になります。

かつて東京・祐天寺にあった居酒屋源氏の暖簾分けのお店と言うことと、店主の絶え間ない食への探求で、温泉街にある居酒屋とは一線を画すレベルの高いお店です。

genji_02.jpg

genji_03.jpg


住所:群馬県吾妻郡草津町草津333-2
電話:0279-88-7505
定休日:不定休
営業時間:18:00〜24:00(22:00以降入店不可・LO23:00)


草津温泉へ行こう・宿をさがす


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。

posted by 太泉八雲 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・草津温泉の飲食店

2011年01月23日

草津温泉の食【焼き鳥・焼肉2】

kusatsuyubatake04.JPG

またまた吾妻食堂の登場です。今回はテイクアウトとラーメンの紹介。
kusatunoshoku_04.JPG

「吾妻食堂」
草津といえば、やっぱりこの「吾妻食堂」を避けて通るわけにはいきませんね。店の入り口にある焼き鳥店。もちろん店内でも注文できますが、テイクアウト用のブースです。

一回火を通しての作り置きを再度暖めるのではありません!!

注文が入ってから1から焼き上げます。一本一本渾身の焼き。

kusatunoshoku_05.JPG

たとえ、湯上がりの客を吹雪の中だろうと待たせます。
平均5分から10分。湯冷めしそうで、かなり時間を長く感じます。

それでも待つ価値はあり。

kusatunoshoku_06.JPG

素泊まりの宿での一杯に、ここの焼き鳥は”華”を添えてくれます。さすがにコンビニの総菜だけではね〜。

味付けは塩コショウだけです。おそらく塩とコショウは別々に振っていますね。1本1本丁寧に焼き色を見ながら、少しずつ塩を何回もまぶしています。

やっと出来上がった焼き鳥は、一応パックの中に保温用のアルミホイルを仕込んでいますが、氷点下に近い夜道を宿まで持ってかえるには、できれば保温バッグの持参。ないしは、湯上がりのタオルにくるんで駆け足で戻ります。

ちなみに、ランチではラーメンもやっていますが、中でも...

kusatsunoshoku_02.JPG

カルビラーメンはおすすめ。要はカルビクッパのラーメンです。焼肉屋のですよ。甘くとろけるようなカルビが(少しだけ)入っていますが、そこは愛嬌。スープも含めて、ライスとキムチ&ナムルのセットで990円。

1,000円としないところが、ちょっと戦略的ですね。

でも旨いッス。体が温まります。



草津温泉へ行こう・宿をさがす


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。
posted by 太泉八雲 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・草津温泉の飲食店

草津温泉の食【寿司編2】

kusatsuyubatake04.JPG

草津温泉で新しいお寿司屋さんを発見しました。

kusatsunoshoku_03.JPG

「真すし」
ちょっと人通りの少ない場所にあります。
湯畑のそばにある村松旅館の裏手あたり。地元の人もオススメの安くてレベルの高い寿司やです。
コースは8品(寿司8個ではないですよ)先付けから煮物、焼き魚etc...締めは寿司が付いて3,000円から。

kusatsunoshoku_04.JPG

温泉地にこんな寿司屋あるなんて、さすが草津です。

住所:群馬県吾妻郡草津町草津340
電話:0279-88-3078

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか? ポチッと応援をお願いします。
posted by 太泉八雲 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・草津温泉の飲食店