onnsenyado01.jpg

2011年01月30日

草津温泉の食【居酒屋編】

kusatsuyubatake04.JPG

草津温泉で新しい居酒屋を発見しました。

genji_01.jpg

居酒屋「源氏」

ここもちょっと人通りの少ない場所にあります。
湯畑から東へ徒歩2分ほど、大阪屋旅館の裏手、北群馬信用金庫を見下ろす坂の上にあります。前回紹介した「真すし」の向かい側になります。

かつて東京・祐天寺にあった居酒屋源氏の暖簾分けのお店と言うことと、店主の絶え間ない食への探求で、温泉街にある居酒屋とは一線を画すレベルの高いお店です。

genji_02.jpg

genji_03.jpg


住所:群馬県吾妻郡草津町草津333-2
電話:0279-88-7505
定休日:不定休
営業時間:18:00〜24:00(22:00以降入店不可・LO23:00)


草津温泉へ行こう・宿をさがす


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。

posted by 太泉八雲 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・草津温泉の飲食店

2011年01月23日

草津温泉の食【焼き鳥・焼肉2】

kusatsuyubatake04.JPG

またまた吾妻食堂の登場です。今回はテイクアウトとラーメンの紹介。
kusatunoshoku_04.JPG

「吾妻食堂」
草津といえば、やっぱりこの「吾妻食堂」を避けて通るわけにはいきませんね。店の入り口にある焼き鳥店。もちろん店内でも注文できますが、テイクアウト用のブースです。

一回火を通しての作り置きを再度暖めるのではありません!!

注文が入ってから1から焼き上げます。一本一本渾身の焼き。

kusatunoshoku_05.JPG

たとえ、湯上がりの客を吹雪の中だろうと待たせます。
平均5分から10分。湯冷めしそうで、かなり時間を長く感じます。

それでも待つ価値はあり。

kusatunoshoku_06.JPG

素泊まりの宿での一杯に、ここの焼き鳥は”華”を添えてくれます。さすがにコンビニの総菜だけではね〜。

味付けは塩コショウだけです。おそらく塩とコショウは別々に振っていますね。1本1本丁寧に焼き色を見ながら、少しずつ塩を何回もまぶしています。

やっと出来上がった焼き鳥は、一応パックの中に保温用のアルミホイルを仕込んでいますが、氷点下に近い夜道を宿まで持ってかえるには、できれば保温バッグの持参。ないしは、湯上がりのタオルにくるんで駆け足で戻ります。

ちなみに、ランチではラーメンもやっていますが、中でも...

kusatsunoshoku_02.JPG

カルビラーメンはおすすめ。要はカルビクッパのラーメンです。焼肉屋のですよ。甘くとろけるようなカルビが(少しだけ)入っていますが、そこは愛嬌。スープも含めて、ライスとキムチ&ナムルのセットで990円。

1,000円としないところが、ちょっと戦略的ですね。

でも旨いッス。体が温まります。



草津温泉へ行こう・宿をさがす


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか?ポチッと応援をお願いします。
posted by 太泉八雲 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・草津温泉の飲食店

草津温泉の食【寿司編2】

kusatsuyubatake04.JPG

草津温泉で新しいお寿司屋さんを発見しました。

kusatsunoshoku_03.JPG

「真すし」
ちょっと人通りの少ない場所にあります。
湯畑のそばにある村松旅館の裏手あたり。地元の人もオススメの安くてレベルの高い寿司やです。
コースは8品(寿司8個ではないですよ)先付けから煮物、焼き魚etc...締めは寿司が付いて3,000円から。

kusatsunoshoku_04.JPG

温泉地にこんな寿司屋あるなんて、さすが草津です。

住所:群馬県吾妻郡草津町草津340
電話:0279-88-3078

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか? ポチッと応援をお願いします。
posted by 太泉八雲 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集・草津温泉の飲食店