onnsenyado01.jpg

2013年07月20日

【奈良県の伝統的建造物民宿】明日香村・民宿 脇本利夫

wakimoto_01.JPG

民宿 脇本利夫

伝統的建造物民宿(築250年)

宿泊料
一泊二食 6,000円(税込)

アメニティ:タオル・パジャマ・洗面用具はご持参ください。ゆかたはあります。

インターネット環境:無し

駐車場:あり

奈良県高市郡明日香村野口328
電話:0744-54-2362 (8:30〜17:00)

宿泊の予約は直接は受けていません。下記の飛鳥京観光協会経由で申し込みます。

支払方法:現金のみ

宿泊予約:飛鳥京観光協会「飛鳥の民宿」
電話:FAX 0744−54−2362
営業時間 8:30〜17:00

申し込み後、飛鳥京観光協会から送られてくる郵便振込用紙で、申込金1,000円を入金します。ただし申し込みが宿泊日の間近の場合は不要で、宿に直接申し込み確認の連絡をします。

wakimoto_12.JPG

明日香村には伝統的な建造物の民宿が数多くあります。多くは明日香村の中心部である”岡地区”に集まっていますが、この民宿・脇本利夫は岡地区から西へ近鉄岡寺駅方面へと少し離れた場所にあります。

wakimoto_14.JPG

民宿・脇本利夫のある”野口地区”には豪農の屋敷が集まっており、この民宿・脇本利夫
も石垣を築いた上に長屋門と築250年の母屋を構えています。

この野口地区には、キトラ古墳、高松塚古墳、鬼の雪隠、鬼の俎板、亀石などがあり、部屋からは、天武、 持統両天皇の檜前大内陵を眺めることもできます。

wakimoto_20.JPG

母屋では座敷で夕食と朝食をいただきますが、客室はすべて離れになります。

wakimoto_06.JPG

今回わたくしが泊まった部屋は入口の長屋門に造られた庭付き、トイレ付きの8畳ほどの部屋でした。

wakimoto_07.JPG

エアコンと地デジテレビも完備。
ただし、浴衣は用意されていますが、タオルや歯ブラシ等のアメニティはありません。
基本的に身の回りのものは全て用意していった方がよいかと思います。

自動販売機もありませんが、徒歩3分ほどの場所にセブンイレブンがあります。

wakimoto_15.JPG

お風呂は隣りの離れ棟にあります。
普通のユニットバスです。

wakimoto_22.JPG

夕食と朝食は歴史ある母屋の座敷で。
古くから庄屋格の家で、貴重なお宝がたくさん飾ってあります。

wakimoto_11.JPG

夕食の一例。
18:30からです。

wakimoto_32.JPG

今回は連泊しましたので、2日目は飛鳥鍋という郷土料理が出ましたが、宿泊するタイミングによっては最初からこの飛鳥鍋が出る場合もあります。

wakimoto_33.JPG

飛鳥鍋は鶏ガラスープに牛乳を加えたシチューのような鍋で、すき焼きのように生卵で食べます。古くは飛鳥時代に唐から来た僧侶が、寒さをしのぐためにヤギの乳で鍋料理を作ったのが始まりとされます。

食事に関しては事前に確認を取った方がよいかもしれません。

wakimoto_26.JPG

朝食は基本7:30からですが、もう少し早くすることもできます。

明日香の民宿は年々減っているようですが、この民宿・脇本利夫はリピーターも多く、明日香でも人気のある宿の一つだそうです。

ちなみに、宿の向かいにある脇本酒造は、遠縁だという事でしたが、2012年の秋に廃業してしまいました。


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか? ポチッと応援をお願いします。
posted by 太泉八雲 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西の伝建旅館

2013年06月16日

【愛媛県の伝統的建造物旅館】西予市卯之町・松屋旅館

matsuya11.JPG

松屋旅館

伝統的建造物旅館(文化財)

宿泊料(旧館の利用料です)
(文化財特別室)一泊二食 15,750円
(大正期築個室)一泊二食 12,600円から

アメニティ:タオル・浴衣・歯ブラシ

インターネット環境:無し

駐車場:あり

松屋旅館ホームページ

住所:愛媛県西予市宇和町卯之町3丁目218番地
電話:0894-62-0013


支払方法:現金のみ

matsuya12.JPG

宇和町卯之町は宇和島街道の宿場町にして・この地域における商工業の中心地である在郷町として発展した町です。幕末には文明開化のさきがけとして、西日本最古の学校といわれる開明学校が開かれるなど文明開化の町として知られています。旧道沿いの中央付近、中町(なかんちょう)の両側には宿場町の遺構である桝形が残され、その前後に渡って古い街並みが残されています。

松屋旅館はこの通りに堂々と構える旧家で、元は商家でした。江戸時代に建てられた文化財の商家は古民家再生でリニューアルされ一般客もかなりお手頃な金額で泊まる事ができます。

ちなみに松屋旅館は町内に2軒ビジネス旅館も経営しており、この松屋旅館も鉄筋コンクリートの新館があるので、伝統的建造物の旧館に泊まる場合はその旨を伝えなくてはいけません。

新館の宿泊料は1室お一人様8,400円です。

matsuya10.JPG

門を潜ると玄関まで中庭が続きます。

matsuya09.JPG

ちなみに、ナビで訪れた場合、建物の裏側(そちらが表通りで中通りが裏通りなのですが)にはビルの旅館入り口があります。中通り側にも公共駐車場(無料)が宿の前にあるので、そちらからアクセスした方が風情を楽しめます。

matsuya07.JPG

旧館部屋(A)窓が少ししかありませんが、通りに出られる勝手口があります。元は商家の土間だった場所です。

matsuya09.JPG

中二階に寝室が用意されています。(メゾネット形式)これはめずらしいですね。

matsuya10.JPG

隣りの旧館部屋(B)は通りに面して大きな格子窓があります。元は商家の帳場・店舗だった場所です。外へは出られません。

matsuya11.JPG

こちらも中二階に寝室が用意されています。(メゾネット形式)窓はありません。

matsuyaa_16.JPG

寝室へのアクセスはこの細い階段。途中に槍掛けがありますね。当時は階段が無い隠し部屋で、幕末の志士などをかくまったとか。

matsuya08.JPG

昼間は郷土料理の食事処となる広間。ここで夕食をいただきます。(畳の大部屋の場合も)

matsuya16.JPG

洗面所、トイレはごらんのようにキレイにリフォームされているので女性の方も安心です。

matsuya15.JPG

便座式の他に男性用のトイレもあります。

お風呂は新館のビジネス旅館の大浴場を利用します。

matsuyaryokan_42.JPG

夕食。

matsuya12.JPG

もう豪華で食べきれません。出来合いの旅館風というよりは、手作りの民宿のそれに近いです。
1泊2万円以上の価値はあります。

matsuya13.JPG

宿の自慢のおつけもの。

matsuyaryokan_46.JPG

ご、ご飯が....

matsuya14.JPG

鯛のカマ煮。うまいすぎる。

これ以外にも料理が続きます。

matsuyaryokan_47.JPG

matsuya18.JPG

締めは卯之町の家庭料理・郷土料理の「ひゅうがめし」

matsuya19.JPG

静岡県や宮崎県にも似たような漁師料理がありますね。「ひゅうが(日向)」は宮崎県の事で、海をはさんだ対岸ですね。

matsuya08.JPG

matsuya07.JPG

夜の卯之町と松屋旅館。木戸門は21:00で締まってしまいます。

matsuya20.JPG

松屋旅館の朝食

文化財の部屋に泊まれてこの価格。ビジネス旅館なので民宿のような家庭的な雰囲気のもてなしですが、非常に気持ちが良く、もう少し近くにあればリピーターになりたい宿の一つです。


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか? ポチッと応援をお願いします。
posted by 太泉八雲 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国の老舗伝建宿

2013年05月04日

【山口県の古民家民宿】萩市・萩の家

haginoya05.JPG

萩の家

古民家民宿

宿の予約と詳細情報萩の家<楽天トラベル予約>

宿泊料
一泊二食 7,875円
素泊まりのみ 4,000円

アメニティ:タオル・浴衣・歯ブラシは無し

インターネット環境:基本無し(相談可)

駐車場:あり
URL :民宿 萩の家

住所:山口県萩市土原608
電話:0838-22-3319


予約方法:電話 0838-22-3319 もしくは萩の家<楽天トラベル>

支払方法:現金のみ

haginoya04.JPG

長州藩毛利家36万石の城下町「萩」に訪れる場合、JR山陰本線の駅は「萩駅」と「東萩駅」の2つがありますが、萩市の玄関口となる駅は「東萩駅」です。民宿萩の家はこの東萩駅から「萩橋」を渡る事徒歩10分ほどの場所にあります。
昭和47年創業の純和風の建物でとても家庭的な宿です。

haginoya02.JPG

haginoya01.JPG

haginoya06.JPG

haginoya03.JPG

haginoya08.JPG

haginoya09.JPG

夕食(瓶ビール1本500円)自販機で缶ビールも売っています。

haginoya07.JPG

朝食


人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか? ポチッと応援をお願いします。



posted by 太泉八雲 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰山陽の老舗伝建宿

2012年10月21日

【千葉県の老舗伝建旅館】勝浦・旅館松の家

matsunoya03.JPG


勝浦・旅館松の家



旅館

宿の予約と詳細情報旅館 松の家<楽天トラベル予約>

古くから漁師町として栄えた南房総の勝浦は、県下二番目の漁獲量を誇るとともに、夏は海水浴。秋もサーファーで賑わう町です。朝一の町としても有名な勝浦の町にある「旅館松の家」は国の有形文化財にも登録されている昭和初期の旅館建築です。

宿泊料
一泊2食 10,500円から
一泊朝食 6,825円
素泊まり 5,250円

駐車場:あり
玄関フロアにインターネットPCあり

住所:千葉県勝浦市勝浦30
電話:0470-73-0047

ホームページ:旅館松の家オフィシャルサイト

matsunoya09.JPG

建物は国の有形文化財に指定されていますが、あまり厳しい縛りはないのか、客室などは結構手が入れられています。少人数は建物の裏手に隣接している本館となるので、文化財の宿を目当ての場合は事前にその旨を伝えた方がよいです。ちなみに本館はトイレ付きです。

老舗旅館ですが、意外にも御客層を問わず盛況で、学生のアルバイトも多く、旅館というよりは民宿。ちょっと規模の大きな網元の民宿って感じでした。

お風呂は小さく、お部屋ごとに40分単位に貸切の完全予約制。なのでチェックインが遅かったりすると、お風呂に入れる時間が21時をすぎる事も。

matsunoya06.JPG


matsunoya08.JPG


matsunoya05.JPG


matsunoya07.JPG

写真はいずれも本館。町家型旅館のような「うなぎの寝床」ではなく、奥行きはないので客室数も少ないです。

CIMG2033.JPG

一人旅は基本「新館」で、部屋はあたらしく各部屋トイレ付きです。

mastunoyayu_01.JPG

夕食は部屋だしとなります。写真は「伊勢エビ・コース」新鮮な海の幸は港町ならでは。

mastunoyachou_02.JPG

朝食も部屋だしで。前日の夕食が「伊勢エビ・コース」の場合、翌朝の味噌汁に伊勢エビの頭が使われます。

matsunoya01.JPG

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか? ポチッと応援をお願いします。



posted by 太泉八雲 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東甲信越の老舗伝建宿

2012年09月16日

【千葉県の老舗伝建旅館】佐原・木の下旅館

kinoshita_03.JPG


佐原・木の下旅館


商人宿(ビジネス旅館)

小江戸「佐原」は利根川水運で栄えた商業の町。国の重伝建(重要伝統的建造物保存地区)に指定された町並みの中心、柳並木の小の川沿いに建ち、現存する唯一の伝建旅館が「木の下旅館」で、文化財級の宿でもあります。

宿泊料
一泊2食 6,300円
素泊まり 4,200円
インターネット環境:なし
駐車場:あり(4台)

住所:千葉県香取市佐原イ-498
URL:http://www.d3.dion.ne.jp/~hidenaot/

電話:0478-52-2814

kinoshita_05.JPG

宿の入口と上がり框。
自転車が宿の中に入れられるのは、サイクリストにはありがたいですね。


さて、この木の下旅館の創業は明治34年(1901年)の築と言いますが、実はそれ以前から船宿を営んでいたらしく、佐原でも最も古い歴史をほこる旅館の1つです。(現在は唯一残る伝建旅館)
江戸っ子気質の老夫婦が切り盛りする、家庭的な宿。平日は仕事関係(工事関係者)で満室だといいますが、6,300円という価格で、昼も夜も満腹になります。

映画やドラマの撮影でも使われ、それを縁に芸能人が個人的に訪れる事もあるそうです。

kinoshita_08.JPG

今回は一人旅だったので、一人用個室に案内されました。
廊下から格子戸を介して一段下がったところに部屋の襖戸があります。
部屋に鍵はありません。貴重品が不安な方はフロントって言うか宿の主人に預けてください。

kinoshita_04.JPG

一人用個室。
始から布団が敷いてあります。まさに昔ながらの商人宿・ビジネス旅館のスタイルです。

この布団はマットの上に分厚い敷き布団が重ねられ、ベッドのような寝心地です。
せんべい布団好きにはちょっとフカフカ過ぎるかも。枕は厚みのある蕎麦枕。テレビは地デジの液晶です。もちろん全室エアコン完備。

kinoshita_14.JPG

こちらは、通りに面した縁側のある1・2号室。広めで団体・家族向け。ちなみに部屋は大小合わせて8室。

kinoshita_13.JPG

建物の中央にある階段を下りるとお風呂場があります
その横に見えるのが有名な「手榴弾消化器」です。

kinoshita_25.JPG

火に投げ込む消化弾ですが、今は使われていません。

kinoshita_21.JPG

ちなみに中身はこんな感じ。「本邦初公開?」

kinoshita_17.JPG

お風呂場はふつうの家庭風呂より少し大きいサイズ。男女入れ替え制です。他に客が大勢いる場合は時間予約制。

タワシを初め、リンス、シャンプー、ボディーソープ、石鹸が各種15種類くらい揃えられていて驚き。

kinoshita_18.JPG

トイレも改装されていて、キレイで女性客でも安心して泊まれますね。

kinoshita_22.JPG

まるでゲストハウスのようなドリンクルーム。ウォ−ターサーバーに、コーヒー、紅茶、緑茶各種。さらに旅館なのにプライベート用冷蔵庫完備。

さすが長期滞在向け商人宿。つまりは飲み物、その他の持ち込みが可という事です。
これは、高齢で足の不自由なご主人が、毎日各部屋にお湯ポットやお茶葉を運ぶ手間・苦労を減らすためと、宿泊客の利便性を考えての事とか。レストランに勤める娘さんのアイデアといいます。
お風呂場、洗面所等いたるところのアメニティの充実に驚かされます。

kinoshita_19.JPG

夕食の一例。体育系の学生や労働者でも十分に満腹になるメニューと量です。

kinoshita_20.JPG

朝食の一例。これで一泊2食付きで6,300円。文化財級の宿に泊まれるのですから安いものです。

ちなみに、この宿も今の時代には一般の観光客の利用は少ないようです。しかし、平日は仕事関係の宿泊客で手一杯という事で繁盛はしているようですが、老夫婦二人で切り盛りしているので、土日は休めれば休みたいとの事。土日祝日の観光で宿泊を考えている場合、受け入れはご主人の体調次第だったりします。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています。
↑役に立ちましたでしょうか? ポチッと応援をお願いします。



posted by 太泉八雲 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東甲信越の老舗伝建宿